家内清掃のイメージ

グリーンネイルと爪水虫の違い~予防は絹の靴下

ネイル、特にジェルネイルやスカルプチュアをつけている方は、グリーンネイルに注意しましょう。
グリーンネイルとは名前の通り、爪が緑色になる症状を引き起こす感染症の1つです。
緑膿菌という菌が爪に感染し発症します。

ジェルネイルやスカルプチュアをしている場合、自分の爪とネイルが少し浮いてしまうケースがあります。
その隙間から緑膿菌が入り込み、その後水分などが多い状態が続くと、グリーンネイルの発症率がグンと上がるのです。

そのまま放置してしまうと、他の人にも緑膿菌をうつしてしまう可能性があります。
また、免疫力が低下している場合、2次感染を引き起こしてしまう事もある大変危険な感染症です。
グリーンネイルになってしまったら、1度ネイルはお休みして治療に専念しましょう。

爪に感染する菌は緑膿菌の他に、白癬菌という真菌もいます。
白癬菌は水虫を引き起こす真菌の1種です。
「爪も水虫になるの?」と、驚いた方もいるでしょう。
白癬菌はケラチンというタンパク質をエサとして増殖するのですが、爪にもケラチンは含まれている為、白癬菌が感染し水虫になってしまうケースがあります。

グリーンネイルとは違い、爪が白く濁る・爪がポロポロと剥がれ落ちるといった症状が特徴です。

爪水虫は皮膚に発症した水虫よりも、治す為に長い時間が必要です。
ですので、白癬菌に感染しないよう予防しましょう。

予防法には色々な種類がありますが、絹の靴下は有効と言われています。
白癬菌は湿気ている場所で活発になるのですが、絹の靴下は通気性が良い為、白癬菌の感染を予防する効果が期待できます。
また、抗菌作用も持ち合わせているので、爪水虫予防におすすめです。

予防法には色々な種類がありますが、絹の靴下は有効とされています。