家内清掃のイメージ

乾癬と水虫とコメントについて

乾癬という病気のコメントを病院などで見たことがあるかもしれませんが、この病気は原因がはっきりと分かっているわけではなく、予防の方法なども確立されていません。乾癬は予防が難しい病気とされており、日本国内でも患者の数がとても多い病気と言われています。この病気のコメントを見ると人にうつるのではないかと心配している人もいるかもしれませんが、水虫と違ってウィルスや細菌による感染症ではないため、他の人にうつることはありません。コメントで見かける乾癬という病気は、どの場所の皮膚にも出てしまうことがあります。足にはあまり出てくることはないのですが、だからこそ足に症状が出た場合は水虫と間違えられてしまうこともあるのです。症状が爪に現れると爪乾癬と呼ばれる病気になるのですが、これは爪水虫とほとんど同じ症状が現れることになります。爪が白濁化して悪化すると表面が剥がれ落ちてしまうという症状であり、片方の足の爪にしか発症しない爪水虫とは違い、乾癬という病気の多くは両方の足の爪に症状が現れるということです。また、水虫は白癬菌が皮膚や爪に侵入することで発症するものであり、検査で白癬菌が見つかって診断されることになります。足の爪に気になる症状が出ても検査で白癬菌が見つからなかった場合、乾癬であることが多くなっています。爪水虫であれば白癬菌を退治することで治療することができ、深くまで入り込んだ白癬菌を完全に退治することは難しいのですが、治療目的がはっきりしています。しかし、乾癬の場合は場所が爪なので薬物があまり浸透しないとされています。そのため非常に治療が難しいと言われており、難病の一つとして指定されているのです。